新トライアルメーカーお披露目!VERTIGO

ミラノで開催された国際モーターサイクルショーで登場した新トライアルメーカー「VERTIGO」。発音は「ベルチゴ」とらしい。「ベルティゴ」かも。12個の世界タイトルを持つ伝説のライダー、ドギー・ランプキンが開発のキーマン。オーナーは自身もSSDTに参戦経験を持つトライアルが好きな超大金持ち!という。
さて、ストレートオンにイタリア特派員から画像が届いた。
斬新なフレームに2ストロークエンジン、燃料供給はEFI。車両名は「COMBAT」で、ハイスペックモデルの「ICE HELL」、とスタンダードモデル(?)の「CAMO」の2機種をラインナップ。それぞれの単語の意味を調べると、

VERTIGO=めまい?
COMBAT=戦闘?
CAMO =カモフラージュ?
ICE HELL=氷地獄?
うーむ、わからんタイ。

スペックは、
水冷2ストローク300cc EFI
6速ミッション
2.7Lタンク。
ECUには24のMAP CAPACITY

フレームはスチールパイプとアルミパーツの組み合わせ。
シート下に燃料タンク、その前にエアクリーナーボックスを配置(シェルコとおなじレイアウト?)。
前サスペンション:TECH製(ICE HELL:ゴールド、CAMO:ブラック)
後サスペンション:REIGER製

●COMBAT ICE HELL:重量63kg
フレーム:15CDV6STEEL+AL6082、マグネシウムクランクケース、チタンマニホールド、レンサルハンドル
●COMBAT CAMO:重量66kg
フレーム:25CRMO4STEEL+AL6082、アルミクランクケース、ステンレスマニホールド、S3ハンドル

ICE HELLとドギーさん

ICE HELLとドギーさん

2口の排気サイレンサー

2口の排気サイレンサー

CAMO

CAMO


Comments are closed